MENU | ホストブログリスト  佐々木蔵之介  トピックス壱 - 弐 - 参 - 肆 | お問い合わせ 

イケメンの絶対評価と統計評価の差異



 

例えば一口にイケメンと言っても、

 

 

当然人の好みは千差万別あって、

 

 

特定個人にとっての絶対評価と、

 

 

そう言われる事が多いかどうかという統計評価は決して同義ではありませんしその度合いもあるでしょう。

 

 

 

 

 

さらにイケメン自体の定義に触れれば、

 

 

漠然と「恰好良い」という事になり、

 

 

顔をはじめとした容姿はもちろんですが、

 

 

大人っぽいとか色っぽいとか、

 

 

漠然とした雰囲気や行動にも影響を受ける印象評価と言えます。

 

 

女子で言うところの何にでも言い充てられる「可愛い」と同じわけです。

 

 

 

 

 

となると、

 

やはり小賢しい言い回しを極力避け簡潔明瞭に一言で言うなら、

 

 

誰にどの位イケメンと思って頂けるか

 

 

が一番のポイントであり、

 

 

そこに一つの特性の差が滲み出ます。

 

 

 

 

 

広く浅くなのか、

 

 

狭く深くなのか、

 

 

どっちが良いとかじゃなくそんなのの特徴。

 

 

 

 

 

そりゃあ、

 

 

幅広く万人に絶対的にウケる超絶イケメン神が一番良いのでしょうけど、

 

 

そんなもの芸能人やタレントさん等でもなかなかいなさそうな、

 

 

もはや普通の人ならざる何者かレベルでしょう。

 

 

 

 

 

一般的に求められているのはたぶんそういうのじゃなくて、

 

 

自分の周りに居て欲しい人達に好意を持って欲しいだけじゃないでしょうか。

 

 

例えば友人でも恋人でも妻でも、

 

 

傍に居て人生を彩ってくれる近しい関係者にさえ好印象であれば、

 

 

語弊を恐れず極端に言えば後や他は別に割とどうだっていいと思うのです。

 

 

仮に全く見ず知らずの人に一方的な好意を寄せられたところで人間関係的にはそれはさして意味を成さないもの。

 

 

男と女でこのへんのウエイトは変わってくるものかもしれないけれど。

 

 

 

 

 

人間の脳の認知能力的にも個人を認識できるのは親密度の高い順から150人程度が限界らしいし、

 

 

この中でイケメンの絶対評価をいかに獲得出来るかもミソって話よな。

 

 

 

 

 

せちがらい?

 

 

 

 

 

とはいえそもそも認識できないところからの評価ってのも不思議な話だし、

 

 

認められない=無いのと同義

 

 

みたいな無辜の理屈で考えればそれも必然かも。

 

 

 

 

 

広告宣伝会議風に言えば、

 

 

想定潜在ターゲットに訴求して最大限リーチさせ効果を得て元を取ってさらにプラスαみたいなやつ?(笑)

 

 

あ、

 

 

とっちらかる気配なのでこのへんで。

 

 

 

 

 

大人のイケメンホスト

 

 

 

 

 

やがみ

ホストになるとクロージングはそこじゃないのでまた更にややこしいわけだけどSONOKO

なおき

 

 

・
・ comments(0)



イケメンの絶対評価と統計評価の差異

8ヶ月で4歳老けた結果



 

ロシア・ワールドカップ・日本代表選考の軸となるメンバーが発表されましたね。

 

個人的には概ね大きなサプライズのない雰囲気でしたが、

 

反面裏を返せば、

 

ニューフェイス不足とも言え、

 

少し色気の足りない気分もありやなしや。

 

ともあれ、

 

いよいよはじまる夏の大会を今から楽しみにしています。

 

 

 

 

そんな時代に触発されたわけでもありませんが、

 

昨年9月に初めて体重計を買ってから、

 

思い出した時に計っています。

 

乗る姿はクリスティアーノロナウドばりのアスリート気分です。

 

が、

 

購入当初の体内年齢は28才だったのに、

 

わずか8ヶ月で、

 

4つも歳をとりました。

 

 

4歳老けた結果

 

 

だんだんコイツに気を使ってもらえなくなってきたのか。

 

あるいは動物好き高じてまさかの犬猫化が進んでいるのか(笑)

 

 

 

 

冷静な話、

 

若干太ったってのあるかもな。

 

けど、

 

実年齢マイナスひとまわりならまあ優秀じゃねえ?

 

 

 

算出方法は解らねえけど。

 

 

 

 

むかし、

 

理想体重の簡単計算方法で、

 

「美容的理想体重はBMI:20」って読んだけど、

 

これはあくまで身長と体重の比率ってだけの話で、

 

この体重計で出てくる、

 

内臓脂肪率、

 

体内脂肪率、

 

体内筋肉量、

 

基礎代謝量、

 

とかで変わってくるんだろうな。

 

同じ体重なら、

 

筋肉多い方が引き締まってくるし代謝もエネルギー消費量も上がるしなあ。

 

 

 

 

せめて体の中くらいは健康的で元気なイケメンでいねえとスマッパ・メンバー干されかねねえぞっていう危機感持ってビッグマウスで頑張りマックス。

 

 

 

 

ほなまた急変したらご報告を。

 

 

 

やがみ

8×3=2年後に実年齢に追いつく勢いで体内も劣化中の大人

なおき

 

 

・
・ comments(0)昨年の記事 squall



8ヶ月で4歳老けた結果

大人っぽい雰囲気の男とは



 

 

一般職の方は、

 

きょうアタリ必死で帰宅ラッシュと闘っておられるでしょうか。

 

ぼくも雇われ会社員時代に経験ありますが、

 

GW休むどころか、

 

逆に普段よりハードスケジュールでぜんぜんゴールデンじゃなく、

 

明けが逆にげっそり疲れているパターンあります。

 

尋常じゃない渋滞で、

 

22時到着予定が、

 

27時頃やっと帰って、

 

疲労困憊&寝不足での出社となりました。

 

そんな苦労話も良い思い出ですが、

 

事故だけはなんの笑い話にもなりませんので何を差し置いてもお気を付けて頂きたく。

 

 

 

さて、

 

唐突ですがみなさんは、

 

 

 

どういう男に大人っぽさを感じますか?

 

他者に対する配慮が出来る。

 

丁寧で穏やかな佇まい。

 

煙草をスマートに吸う仕草。

 

物怖じしない態度。

 

物事を前向きに捉える姿勢。

 

好みやポイントは様々あるでしょうが、

 

この辺は思い込みとかで、

 

意外と本人では分からない些細な事が多いかもしれません。

 

ただ、

 

ぽい」というからには、

 

明確にそうじゃなくても良いという事。

 

あるいは、

 

「比較的・意外と」そうって事でも良いでしょう。

 

要は、

 

相手の予想や想像を少しでも上回っていれば、

 

良い意味で裏切っていれば、

 

成立する事と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

ここで逆説的なアプローチとして、

 

子供っぽい男を想像し考えてみる

 

と反面教師的に参考になるかもしれません。

 

子供って、

 

意地が悪い。

 

振る舞いが粗雑。

 

自分の気分で態度が急変する。

 

嫌な事があると泣き喚き駄々をこねる。

 

こんなイメージがあるかもしれません。

 

単純に、

 

自分自身が感じる世界が全てで独善的思考の人間と言えそうですが、

 

これと正反対の行動指針を心掛ければあるいはイコール大人の男に近づけるかもしれません。

 

 

 

 

 

漠然とした僕のイメージですが、

 

余裕のある態度が憧れを生む

 

ように感じています。

 

例えば、

 

社会的弱者に対して優しく親切に接する姿勢は、

 

常に心に余裕がないと生まれ難いものですし、

 

周囲の人間へのちょっとした配慮もそうでしょう。

 

自分の事で手いっぱいの人、

 

自分の損得に必要以上に必死の人、

 

自分さえ良ければ他の何がどうなろうと構わないという人は、

 

他人を気遣う余裕などありません。

 

本当に強い人は、

 

こちらから先制攻撃を仕掛けたり、

 

他人を蹴落とす必要などありませんから、

 

自然と思い遣りが溢れ出てくるものでしょう。

 

そんな余裕のある生活態度に「自分もそうありたい」という願望が生まれるのかもしれません。

 

 

 

 

物理的に余裕がある場合

 

一般的には大金持ちとか〇〇財閥の貴族とかって部類になろうかと思いますが、

 

例えば何につけても金払いが良いとか、

 

小額の取り引きはどうでも良いと思っているなど、

 

良くも悪くも日常的な小事に無関心、

 

あるいは本質の追及にしか興味が湧かない、

 

という傾向になりがちでしょう。

 

結果的に、

 

世俗からは少し距離を置いた志向に至り、

 

それが日常生活では余裕がある風に写ります。

 

 

 

 

心に余裕がある場合

 

これは物理ではなく自分の心掛け次第でどうにでも出来る部分です。

 

少しでも金を儲けたいとか、

 

少しでも良い生活をしたいとか、

 

なるべく損をしたくないとかっていう自分本位な思考をしない人。

 

ある一面だけを捉えれば向上心がない様に見られるかもしれませんが、

 

漠然とした損得を考え小事に振り回される事ほど心乱される事はありません。

 

そもそも、

 

期限付きの人の一生において「」ってなんなのでしょう?

 

もちろん生きていく上で最低限の収入(諸経費)は常に必須項目ですが、

 

そこから先は、

 

なにに重きを置いてどう生きるかで大きく変わります。

 

極端な話、

 

今の日本では完全無知でさえなければ病気や自ら命を絶つとか事件事故に遭うなどでなければよっぽど大丈夫です。

 

それよりも、

 

人との関係とか、

 

取り組む姿勢とか、

 

そういう人の心の機微や成長、

 

あるいはもっと崇高な思想や別の何かを最重視するタイプも信念を貫く姿勢故迷いが少なく、

 

それが心の余裕を生むでしょう。

 

 

 

 

 

ちょっとくっそ長くなりましたが、

 

こういう要素が複合的にバランスされて人としての余裕が大人っぽい雰囲気を醸し出すのかもしれません。

 

演出的にでも、

 

たとえ強がりでも、

 

余裕のある風を装って(笑)

 

あるいは、

 

生きているだけで丸儲け、

 

どうなろうと死にはしないさ。

 

って心の余裕をもって一歩ずつでも成長出来たら良いですね。

 

狩猟動物っぽいあの女性も、

 

「3歩進んで2歩下がる」って楽しげに歌われていたことですし。

 

 

 

 

大人っぽい雰囲気の男

 

 

 

 

ぼくは余裕がないので今日も働いていましたよ。

 

そして、

 

最近お肌もあれあれ余裕がないので明るくぶっ飛ばさないと使えません。

 

大人いやあねえ。

 

ほなまた。

 

 

 

やがみ

合間にちょっとずつ書き足して纏まっていないかもなので余裕の広い心で優しめにお願いします(笑)

なおき

 

・
・ comments(0)昨年の記事 おかしいかんじ



大人っぽい雰囲気の男とは

色々な色と黒々の黒



 

 

原色。

 

 

一般的には赤青黄

 

 

光は赤青緑

 

 

印刷はCMYK

 

 

掛け合わせしないベタ塗りの単色の事。

 

 

 

 

 

イメージでいうと、

 

 

・若々しい

 

・元気

 

・前衛的

 

・情動的

 

・突っ張って尖がった

 

・ポップ&キュート

 

 

て感じ?

 

 

 

 

 

対して混ぜ合せた中間色は、

 

 

・大人っぽい

 

・落ち着き

 

・保守的

 

・理知的

 

・穏やかで柔らかな

 

・シック&クール

 

 

て雰囲気。

 

 

 

 

 

あとは白黒のモノトーンは彩度ゼロの完全無色。

 

 

理屈抜きの光と影。

 

 

金銀銅などの金属色はテクスチャーやグラデーションで表現される部類なので除外するとして、

 

 

このへんが一般的な色の総評じゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

漠然とどれが好きというよりは、

 

 

どんな状況で、

 

 

どんな物の、

 

 

どの部分に、

 

 

何色を使っているか。

 

 

に、

 

 

意識や意図が現れてくるものなので、

 

 

その統計の偏りが時期的な気分だったり総合的な好みだったりと言えます。

 

 

 

 

 

まあ、

 

 

あとは、

 

 

完全に思い込みの単色。

 

 

きっかけは様々としても、

 

 

もう理屈抜きに、

 

 

この色はなににどう使われていようとも絶対的に好きっていうなに色があったりする人もいらさるでしょう。

 

 

 

 

 

なぜ急に色の話かというと、

 

 

ここんとこずっと、

 

 

黒ベースのトレンドが続いているのがちょっと意外というか驚きというかなのです。

 

 

よく、

 

 

不況の時代に黒が良く売れるといわれていますが、

 

 

バブリー達がバーストして、

 

 

リーマン兄弟がショックを受けて以降、

 

 

ずっと黒の時代な気がしてならないのです。

 

 

昔は、

 

 

大人の男でも普通に蛍光色のシャツを合せたり、

 

 

原宿にも原色ギャルとか居たもんなのですけど、

 

 

なんかもうこの20年くらいは

 

 

迷ったら黒

 

 

みたいなとこあるよなあ。

 

 

 

 

 

ぼくみたいなジジイは、

 

 

なーんも考えなくても自然と合わせやすくてべっつに色々な色きたい願望ももはや薄れきって精魂疲れ果ててあとは朽ちるのを待つばかりなのでむしろ一歩控えるというかめんどくさいので悪目立ちしたくないというか黒でも白でも何でも良いのですが(笑)

 

 

街の雰囲気とか、

 

 

世の中の気分的に、

 

 

もっと色鮮やかでカラフルでポップで元気ハツラツな人がいても良いのじゃないかとよく思います。

 

 

冬なんか、

 

 

見渡す限り全員黒のコートだったりする瞬間があってリアルに黒山の人だかりすぎて、

 

 

逆に気持ち悪いよな(笑)

 

 

 

 

 

かといって、

 

 

自ら率先して派手派手しいコーディネートをする気はさらさらないのだけどね。

 

 

若い子の服のカラバリとか見てると選択肢さえないのかよっていう。

 

 

ま売れないもんは作れねえけどな。

 

 

草食ってるの?

 

 

ゆとってるの?

 

 

よくわかんねえだすな。

 

 

 

色々な色の男

 

 

 

目が怖ええぞ(笑)

 

 

きょうは少し大きなところへ来ています。

 

 

こんなColorのBuildingもナシじゃなくない?ってちょっと上げてイキタイ卍気分。

 

 

ぼんやり色を想像で変換すると若干楽しいのですよ。

 

 

おじいちゃんだから?

 

 

うるさいぞ(ハート)。

 

 

 

 

 

やがみ・一瞬暇人ルー・なおき

 

 

・
・ comments(0)昨年の記事 東京拉麺激戦区放浪記



色々な色と黒々の黒

怒りは自分に盛る毒



 

 

こんな言葉を聞いた事あるでしょうか。

 

 

怒りは自分に盛る毒

 

 

アメリカ・インディアンの一部族ホピ族の格言。

 

 

なるほど得心のいく教訓です。

 

 

 

 

 

冷静に考えても、

 

 

経験値てきにも、

 

 

問題提起や事前に釘を刺す演出として怒りを表明する程度ならまだしも、

 

 

その内なる怒りに身も心も任せると決してロクな展開にはなりません。

 

 

まさに、

 

 

悪魔にでも身を乗っ取られてしまったような気分です。

 

 

 

 

 

そりゃあ、

 

 

怒っている人など誰も好んで見たくはないし、

 

 

一定の距離を置こうと思うのが正直でしょう。

 

 

 

 

 

怒りに身を任せているうち、

 

 

その負の感情に過剰に引っ張られて、

 

 

余計に怒っちゃう事もあるでしょう。

 

 

 

 

 

結果、

 

 

自分で自分の首を絞める負のスパイラル発動です。

 

 

 

 

 

若年層にも解りやすく書くならば、

 

 

怒りの自傷鉄拳スーパーコンボハメです。

 

 

 

 

 

感情こそが人間たらしめていると仮定すれば、

 

 

その感情をコントロールする事が人類の英知の極みかもしれません。

 

 

この世が好きなものだけで溢れかえっていたらそれはもうとんでもなく幸せな人生じゃないですか。

 

 

好きじゃないモノを少しでも好きになれて、

 

 

嫌いなモノもさして嫌いじゃなくなれたら、

 

 

たぶん最強の人類誕生です。

 

 

だって、

 

 

既に自分が幸せなのだから誰が何をとやかく言っても無力で無意味で無価値なのです。

 

 

そんな低次元超越しちゃってるんです。

 

 

無限パリピヽ(^o^)丿なんです。

 

 

そんな理想の強靭メンタルに一歩ずつでも着実に近づいていくのが理想の大人の男ってもんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

なぜ急にこんな話はじめたかと吐露すれば…

 

 

 

 

 

存在さえ忘れうっかり冷蔵庫に入れっぱだった牛乳の賞味期限が、

 

 

 

18/3/29 (あ▽あ;) でした。

 

 

 

賞味期限切れの牛乳

 

 

 

あああちくしょう。

 

 

さわやかな飲み口と鉄分とカルシウム摂り損ねたぜ。

 

 

この怒りどこにぶつけてせしめようか。

 

 

!☆(゜▽゜)☆!

 

 

思いついた。

 

 

世界三大美女の1人お色気満点クレオパトラも愛用していたと言われるかの有名な美容法「牛乳風呂」できるじゃねえか!

 

 

あーでも浸かるほどの量ねえか?

 

 

なら浴びてぴたぴた塗ればいんじゃねえ?

 

 

その後ひとまず少し置いてシャワーで洗い流せばいんじゃねえヽ(^o^)丿

 

 

てことで、

 

 

この怒りは楽しみへと昇華されました♪

 

 

 

 

 

ていう一例。

 

 

 

 

 

だから、

 

 

例えば、

 

 

初回などでも多少イケメン(好み)じゃないホストが着いてもあからさまに不機嫌な態度などとらず良い処を見る様にして頂けたら大変嬉しく思います(笑)会話はキャッチボールだからその場を楽しむ姿勢大事よな。

 

 

 

 

 

怒りは捉え方や考え方で大概どうにでもなる。

 

 

怒っている時間自分自身が損してる。

 

 

毒にするか薬にするかは自分次第。

 

 

こう考えて、

 

 

ハピネス増やせたら素敵かもだ。

 

 

ほなまた。

 

 

 

 

 

やがみ・ラブドリーム・なおき(ハート)

 

 

・
・ comments(1)昨年の記事 心希一転



怒りは自分に盛る毒

スマッパ フェルセン