MENU | ホストブログリスト  佐々木蔵之介  トピックス壱 - 弐 - 参 - 肆 | お問い合わせ 

理想の家族



JUGEMテーマ:家族のこと




うちね、



小さいころから転勤族で、



ひどい時は1年で2回転校したりしてた。



当時は転入生として妙に注目の的になることや、



せっかく仲良くなった友達との別れがいやだったけれど、



今となっては、



いま思えば、



それはそれで大変得難い貴重な経験だったと思う。



それよりも…



おれが8歳のころ(?)両親が離婚し、



その後ほぼ祖父母に育てられた事が性格形成に大きく影響しているように思う。



数年後、おやじはやけに若い人と再婚したけど、



当時はおやじよりも自分に年が近い見知らぬ女性を「お母さん」と呼ぶことができず、



「今の学校は転校したくない」と理由を取って付けて祖父母の家に居続けた。



妹はしたたかに継母になついてついていったけど(笑)



そこから、おやじや妹とは一度も一緒に住んでない。



恨みとか、寂しさみたいなのはないつもりだけど…



いや、



寂しさは多少はあったかもしれない、



どこか、



家族関係のドライな希薄さが染みついている。



よっぽどなにか事故でも起きない限り、



便りがないのは元気な証拠とばかり、



こちらからは電話のひとつもしない。



会うのもせいぜい正月に一度帰るか帰らないか。



くりかえすけど、決して恨んだり嫌ったりなど僅かもしていない。



ただ、



「ちょっと遠い親戚」的な感覚に近いカモシレナイ。



だからなのか、



とにかく「明るく仲良しな家族」に憧れる。



奥さんと仲良く買い物デートとか、



子供と公園で犬のさんぽとか、



もう中学生女子並みの妄想的な稚拙な憧れ。



反面教師じゃないけれど、



質素でいいから素朴でスタンダードな"信頼関係"でつながりたい。



と、さいきん特に思う。



ま、臆病にもなってる分「生涯独身」の可能性も無きにしも非ずだけど(;一_一)




理想の家族




今年の正月はたぶん、実家に帰ります。



去年は帰れなかったから、家族と会うのは2年ぶり。



はたから見たら、



家族とは呼べないような家族かもしれないけれど、



それでも、



感謝もしてるし、愛してもいる。



ただ、家族としての立ち振る舞いに不慣れなだけなのだろう。



あー緊張シテキタ(笑)



新宿歌舞伎町ホストクラブロゴ
comments(3)昨年の記事 勝どきから築地市場を臨む



理想の家族
コメント
すっごくわかります(*´∀`*)!

うちも親は離婚しとるし、んで父親死んだし、

だからとにかく幸せな家庭をつくりたいって思ってます。

幸せな家庭って、自動的につくれるもんだと思ってたがそうじゃないみたいです。

両親がいて、幸せに育った人間は
その幸せを見て感じて育ってるのだから、どうやったら幸せになれるかわかるかもしれませんが


幸せを知らずに育った子は、どうやって幸せな家庭をつくるかわかりません



理想だけじゃダメみたいです。


スヌーピーの絵本で、こんな話がありました。




女の子は言います。


「いつか願いがかなうといいな。」


そしてスヌーピーが言います。


「そうなるように生きなきゃね」


と。




そうなるように、自分が動かなきゃいけないんですね。ふふ。



きもい18歳女子が偉そうなこと言ってすいませんでした。(笑)

では。
上 2011/12/21 00:40
上様、コメントありがとう。

特にちかごろは、離婚なんて珍しい事ではないのかもしれないけど、やっぱり一緒になる時には「一生添い遂げる」覚悟で臨みたいですよね。

歳くって、じいさんばあさんになっても好きでいられるような相手かどうかを見極めるのは本当に難しいと思うけど、そこを見ようとしないと結局自分自身ににはね返ってくる…気がします。

スヌーピー…オトナやなぁ。
キモイかどうかは知りませんが、18歳女子にはビツクリ(笑)
はよ寝えや〜(^-^)
八神尚輝 -Naoki Yagami- 2011/12/21 01:18
ヒカルも信用される人間になりたい
ヒカル 2011/12/23 17:22








キャッシュ(※チェックしておくと次回コメント投稿時お名前等を入力する手間が省けます)

コメントを送信する(※アテンションプリーズ

トラックバック  http://naokiy.jugem.jp/trackback/1556
■ 同カテゴリーの最新記事5件

スマッパ フェルセン