MENU | ホストブログリスト  佐々木蔵之介  トピックス壱 - 弐 - 参 - 肆 | お問い合わせ 

合理性の基準はトリレンマ



JUGEMテーマ:価値観、物差し




合理性。



物事が道理や論理に適っていること。



でも、



想定する「物事」が、どこからどこまでなのかによって、



その合理性は大きく変わる。



地球規模、国家規模から、コミュニティ、個人まで。



その個人においてさえ、



局面によって合理性は常に変化する。



「個人的な思想はちょっとちがうけど、ここはこうしておいた方が得か。」みたいな。



じゃあ、自分自身でさえ判断し難い行動指針の選択を迫られた時、



なにを基準にすべきだろう?



超パーソナルな感情?



社会的立場に照らした建前?



もっとずっと大局的な見地?



このへんの基準の選択傾向によって、



いわゆる「個の性格」が裏付けられる気がする。



もちろん、



もっといろんな要素がずっと複雑に絡み合った結果なのだろうけど。



合理性なんて、あらゆる意味で結局不完全なトリレンマか。



それでもときどきは、



そんな「合理性の基準」なんて全て忘れて、



こむずかしい話は全て忘れて、



だらっと飲みたい気分な時もある。



それでいーさ☆(め_め)☆



だって、



俺たちは腐ったみかんなんかじゃないもの。(feat.3年B組金八先生)



機械のカラダじゃないもの。(feat.銀河鉄道999)



にんげんだもの。(feat.みつを)




トリレンマ




結局なにがいーたいかって?



今日は寝落ちするまで飲むで(笑)




新宿歌舞伎町ホストクラブロゴ
comments(0)昨年の記事 美皇特製ドリンク



合理性の基準はトリレンマ
コメント








キャッシュ(※チェックしておくと次回コメント投稿時お名前等を入力する手間が省けます)

コメントを送信する(※アテンションプリーズ

トラックバック  http://naokiy.jugem.jp/trackback/1600
■ 同カテゴリーの最新記事5件

スマッパ フェルセン