MENU | ホストブログリスト  佐々木蔵之介  トピックス壱 - 弐 - 参 - 肆 | お問い合わせ 

おじいちゃんにも敬意を。



 

今季ぼくがお手伝いさせていただいている20代前半向けレディースアパレルブランドの商品の中に、

 

「スペインのおばあちゃん」というシリーズがあるのですが、

 

これが、

 

普通に、

 

祖母のリアルクローズにしかみえません。

 

 

おばあちゃんの半纏

 

 

刺繍がちょっと豪華で派手な、

 

おばあちゃんのはんてん。

 

ぜったい部屋にこたつとみかんとせんべえあるでしょって感じの(笑)

 

 

 

ハズシの美学というか、

 

敢えてのチャレンジというか、

 

これが可愛くてお洒落って体で進むのだからもうおっちゃん全力で

 

共感するフリ

 

しかできません(泣)

 

 

 

顔は満面の笑みなのに心は冷え切ってる自分との闘い。

 

そんなバレないスキルも磨かなきゃな。

 

ま、

 

流行なんて一過性のものだけれど。

 

 

 

ところで、

 

祖父はGRANDFAかと思いきや、

 

ABUELO(アブエロ)というみたいです。

 

 

 

祖母は「偉大なママ」っぽいのに、

 

祖父は「危ないエロ」っぽい。

 

ここらへんのニュアンスが少なくとも日本で祖父がクローズアップされにくい原因かしら?

 

差別反対。

 

おじいちゃんにも偉大な敬意を。

 

可愛くてお洒落なおじいちゃんもぜったいいるよ?

 

おじいちゃんだって若い女子にフューチャーされたがっているよきっと。

 

ていう気分。

 

 

 

やがみ・まだおじいちゃんじゃねえよ・なおき

 

 

新宿歌舞伎町ホストクラブロゴ
comments(0)



おじいちゃんにも敬意を。

12月の幽満月をみて思う事



 

先日の満月、

 

霞がかって街頭よりも暗いぼんやり幽月でした。

 

 

2017年12月の幽満月

 

 

写メだと思ったよりあれですが実物はもっとふんわり幻想的でロマンチックです。

 

ちなみに「朧月」は春の季語なので冬には使えないそう。

 

なので幽満月で。

 

 

 

」と書くと霊的なニュアンスが醸し出されますが、

 

この漢字自体にはそんな意味は実はなく、

 

かすかなとか、

 

奥深く静かな・こと(さま)、

 

とあるので、

 

となると、

 

ハッキリ見える霊は幽霊とは呼べませんな(笑)

 

がやがやウルサイ例も幽霊ではないでしょう。

 

とはいえ、

 

」となると、

 

肉体とは別個に存在する、精神的ななにかのこと、

 

など、

 

ちょっとよくわからない感が溢れてしまうので存在感の強い幽霊の何か良い呼称が欲しいところです。

 

 

 

爆霊とか(笑)

 

 

 

そんな連想。

 

 

 

あれ?

 

ロマンチックどころかホラーチックですがな。

 

ほなまた。

 

 

 

やがみ・美人でセクシーで優しい爆霊なら見てみたい・なおき

 

 

新宿歌舞伎町ホストクラブロゴ
comments(0)



12月の幽満月をみて思う事

スノーシューズおすすめ



 

妙に寒気を感じた日、

 

おもむろに、

 

雨とか、

 

雪とか、

 

寒さとかに備えて、

 

初めてスノーシューズ?買ってみたのですが。

 

 

カモフラ柄のスノーシューズ

 

 

これがもう、

 

中綿暖かで、

 

完全防水で、

 

すんげえ軽くて、

 

 

すでにくせになりそうです

(///▽///)

 

 

 

モノトーンのカモフラ的ピクセル柄でなににでも合う万能最強ブーツ?

 

唯一の弱点はちょっと暑い日に履くとむれそう(笑)くらいでしょうか。

 

冬のスノーブーツおすすめよ。

 

あー

 

はやく雪降らないかなっ。

 

 

 

やがみ

実はスキーもスノボも一度もしたことがない残念な大人

なおき

 

 

新宿歌舞伎町ホストクラブロゴ
comments(0)



スノーシューズおすすめ

団子より花派の大人の男



 

ぼくはアデオス修行でしたが、

 

今回の社員旅行も全員無事に帰国しております。

 

お土産は概ね早い者勝ちのなくなり次第終了と思われますのでお土産営業お楽しみに(笑)

 

 

 

さて、

 

そんなことで、

 

居残り組にもまさかのお土産を用意してくれた従業員がいました。

 

流石の気遣いですね。

 

そして、

 

ぼくが団子より花派と知っているかの如く、

 

SHUNさんからはムエタイ柄タンクトップを。

 

綺羅くんからはアディダス風ショートパンツを貰いました。

 

 

 

昼もデフォルトで働いている為、

 

平日がらみの催しや社員旅行の類はほとんど行けないので、

 

こんな記念品ひとつでも心遣いがとても嬉しいものです。

 

 

 

んで、

 

 

 

さっそくうきうきで両方着てみましたら…

 

 

 

 

ファンキーな大人の男

 

 

 

 

真夏のヒップホッパーかどこぞのバスケット選手みたいにとてもファンキーなりました。

 

 

 

あああ嬉しい。

 

こんなに大人のぼくでもこんなに若々しいイケイケファンキーベイベーになれるなんて。

 

これを着て繁華街を闊歩する来年の夏が今からとても楽しみです。

 

そんな(行ってない)今回のタイ旅行の思ひで。

 

 

 

やがみ・ムエタイしたことないですが・なおき

 

 

新宿歌舞伎町ホストクラブロゴ
comments(0)昨年の記事 雪いる?



団子より花派の大人の男

やっぱりこの世はマトリックス?



 

先日「この世が仮想現実である根拠」を書きましたが、

 

そんなイメージから、

 

どうしてもマトリックスを見たくなり(笑)

 

もう買っちゃおうと昨夜B○○K○FFへ探しに行きました。

 

 

 

3部作なので、

 

DVD3本揃えても一万円あれば買えるだろ〜

 

と、

 

そのくらいの覚悟で、

 

あればいいなと思っていってみたら…

 

 

 

 

3本で324円のマトリックス

 

 

 

 

全部1本108円で売ってました。

 

 

 

3本で324円だと?

 

なんだこれ?

 

アナタの価格破壊がマトリックスだよ?

 

そりゃキアヌリーブスもやさぐれるぜ。

 

ほんとにもう。

 

こんなにも金のかかった当時の名作がたばこよりも安く扱われるなんてこの世は何かが狂ってる。

 

が、

 

この世のあらゆる物質がもし幻想だとすれば、

 

物の価値も揺蕩う幻。

 

全てが自らの想いで決まる。

 

そういう可能性の仮説物語。

 

 

 

なんだか儲けた気分だぜ♪

 

 

 

せっかくなので、

 

3本いっき見したいから、

 

次の休める日まで御預けしよう。

 

むふふ。

 

未来に楽しみな予定があると心躍るものな。

 

 

 

やがみなおき

 

 

新宿歌舞伎町ホストクラブロゴ
comments(0)



やっぱりこの世はマトリックス?

スマッパ フェルセン